社員の声

同期たちの存在が、私のモチベーションリソース

Y.M / 2010 年 3 月入社

新卒で証券会社に入社し、営業としてキャリアを重ねたY.Mさん。結婚を機に退職し、2人の娘さんに恵まれて、十数年間にわたり家庭中心の生活を楽しんできた。子育てが一段落した段階で、長く働ける環境を求めて当社へ入社。「研修で出会った同期たちとは、数年経った今でもすごく仲が良くて、みんなでゴハンを食べにいくこともしばしば。彼女たちの存在が、私のモチベーションリソースです」。好きな宝くじは『旅行先で買うロト6』。

Q. 応募動機と入社を決めたポイントを教えてください。

子どもたちが小さい頃は、短時間のパートを挟みながら、家庭中心の生活を送っていました。下の子が小学校を卒業した段階で、『もう少し長時間の仕事をしてみたい』『毎月、安定した日数で働きたい』と考え、当社へ入社したのです。決め手になったのは、みずほグループならではの安定性。月12日のシフト制というスタイルも魅力でした。

Q. 実際に働いてみての印象は? 事前のイメージとのギャップなどはありましたか?

私は『宝くじ』のことを全く知らず、まっさらなイメージでこの会社に飛び込んだため、ギャップというものは全く感じませんでしたね。面接を受ける前から、仕事なのだから厳しいこともあるのが当たり前だと思っていたので、お金を扱う責任感なども当たり前に受け取ったというか…。ある意味、スムーズなスタートが切れたと思います。

Q. どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

ジャンボの発売期間は、お客さまにとっても私たちにとっても、まさに『お祭り』。普段よりたくさんのお客さまがいらっしゃる時期なので、売り場の閉店時間も20分ほど延長して、スタッフみんなで頑張っています。みずほ銀行の行員さんたちが特設売り場を設けることも。その結果、売り場の目標枚数などが達成できると最高に嬉しいです!

Q. 仕事をする上で、大切にしていることは何ですか? 大変なことはありますか?

私たちは、勤務時間中は職場(銀行)を離れることができません。おつりを間違えたとしても、お客さまを追いかけることができないので、どんなに混雑している時も、お金やくじ券の受け渡しには細心の注意を払っています。もうひとつ大切にしているのは、スタッフ同士のチームワーク。同僚や銀行の方々との連携は密に取るよう心掛けています。

Q. ワークライフバランスの充実度は?

私、家で仕事の話は一切しないんです。退勤した瞬間からプライベートの時間。オンとオフのメリハリをきちんとつけるよう心掛けています。残業などは発生しないので、仕事と家庭の両立も無理なくできるのが嬉しいですね。時には家族の了承を得て、友だちと食事に行ったり、サウナでリラックスしたりと、自分の時間も楽しんでいます。

Q. 仕事orプライベートでの、今後の目標を教えてください!

ズバリ『健康であること』。心身ともに健康であれば、今と同じように仕事も続けられるし、プライベートでも旅行などを楽しめる。いわば『現状維持』を目標にしているわけですが、現状維持って実はすごいことだと思うんですよね。私はずっとこの会社で働き続けたいし、充実の人生を送るためにも『健康第一』で頑張っていきます!